東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは僕の採点表。
予選9本、決勝3本の計12本を順位づけ。

1予選東京ダイナマイト98
2予選NON STYLE94
3予選モンスターエンジン91
4予選ナイツ90
4決勝パンクブーブー90
6予選南海キャンディーズ89
7予選パンクブーブー88
7決勝NON STYLE88
7決勝笑い飯88
10予選笑い飯85
11予選ハライチ82
12予選ハリセンボン81


出演順・審査員の採点などスコア詳細はこちら↓
「M-1グランプリ2009」は消去法でパンクブーブーが優勝

東京ダイナマイトは総合格闘技の試合後インタビューネタ。
観客の7割を置いてきぼりにする小ネタ満載の密室芸で
予選6位とあっさり敗退・・・。
オイラが大好きなコンビなのですげー残念。

ノンスタは大顰蹙の敗者復活。
去年の件があるので頭に来たけど、とりあえず見てみないことには・・・
予選はかなり良い出来。もともと技術は非常に高い上、
去年頻発した白いほう(石田)のウザイ自己ツッコミ(腿を叩くやつ)が
一切なかったので快適に見れた。
決勝は片付けもののような感じで流してた。
1本目が上出来だったので満足したのかも。

モンスターエンジンは夫婦喧嘩ネタ。
設定は夫婦なのに、妻がドギツイツッコミ&キレ芸を連発して
もはや夫婦喧嘩とかじゃないレベル。
設定と演技の乖離がツボッた。
予選7位で敗退。癖のあるコンビなので仕方ないがオイラは結構好き。

ナイツ。凍るような会場の空気の中、一番手の貧乏くじ。
の割りにソツなくこなした。
上手いけど笑いの爆発力がちと足りなかった。

パンクブーブー。
予選の「アパートのご近所」ネタは、今年の秋頃、ニッポン放送深夜にオンエアされた
「パーソナリティーオーディション」ライブのネタと一緒(後半は若干アレンジ)。
決勝の「師匠と弟子」ネタはオンエアバトルでずいぶん前にやってた。
予選ネタは初めて見る人が多かったせいか、得点が高かったけど
オイラは2回目なのでややインパクトに欠けた。
まぁそれでも予選・決勝とミスなくまとめて敵失で優勝。

南海キャンディーズ。
これは漫才じゃなくコントだろw
毒が効いてた部分もあったが、全体的に低調。

笑い飯。
予選の「鳥人」ネタは既視感があってイマイチ。
決勝の前半、野球ネタは良かったが後半のラグビーネタがボロボロ。
「チンポジ」力押しは酷かった・・・
僕はこういうシモネタの力押し、結構好きだけど
さすがに決勝でこれはまずいっしょ(笑)

ハライチは説明ボケツッコミ(?)がウリ。
オンバトで一度見たような気が。
個人的にはどうでもいいレベル。380キロバトルくらい。

ハリセンボンは吉本のねじ込み。
酷かった。笑えるところが一切無かったが
はるなの熱演に敬意を表して+1点。

その他気になった点。
・オートバックス一社提供でなくなっていた。
・表彰に登場したのがオートバックス代表取締役執行役員だった。
 去年までは一番エライ人(会長)がやってたような。
 プレゼンターの格落ちの意図は?
・前年度優勝者が出演するオートバックスCMが入るのが恒例だが
 今年は入らなかった。

これらから推察するに、テレ朝とオートバックスの間に
なんらかのトラブルがあった可能性も(去年のノンスタ優勝に関して?)。

・審査員大竹まことの代わりに東国原知事。
 大竹と紳助が東京03移籍の件で大喧嘩したとかなんとか←情報求む

今年は全体的に低調だったような。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/580-4b6fb10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。