東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「クリスマスの約束2008」(TBS系。08/12/25 O.A.)の曲順。

1.こころ
2.愛を止めないで
3.たしかなこと
4.さよなら
5.生まれ来る子供たちのために
6.言葉にできない
7.ラブ・ストーリーは突然に
8.もう歌は作れない(1974年)
9.(メドレー)
 夏の終わり~眠れぬ夜~やさしさにさようなら
 ~brtween the word & the heart-言葉と心-

ゲスト(松たか子、佐橋佳幸)とのセッションで2曲
10.おやすみ
11.今日もどこかで

筑紫哲也追悼メッセージ
12.東京の空

13.さよならは言わない

---

4.~6.のたたみかけは意表を突かれた。圧巻。

7.では小田が客席に進出。ファンの女性にマイクを向けて歌わせる。
えらいノリノリで素晴しかった。
しかしオフコースファンの女性ってなぜ
どいつもこいつも歌がド下手なんだろう・・・

8.は後頭部を殴られるようなショックだった。
もうこの歌を小田が歌うことは無いと思っていたので・・・
9.のメドレーと合わせてオールドファンにはたまらない涙モノの展開。

10.11.は新婚さん。松たか子の透明な声質は小田との親和性が高い。
感激屋の佐橋も面白かった。すばらしいセッションだった。

12.は未発売。KAT-TUNに提供した「僕らの街で」を超える曲を目指して
書いたとか。実際超えてるからすごい。
 
13.も未発売。2009年1月6日O.A.のテレビドラマ主題歌らしい。

日本が経済大国の道を歩み始め、自民党の40日抗争(1979年秋)、
ジョン・レノン暗殺(1980年12月)など激動の時代のさなかに発表された
「生まれ来る子供たちのために」(1980年3月発売)。

再び時代の大きな変わり目を迎えた2008年12月、
小田はオフコース2人時代の曲、5人時代の曲、未発表の名曲を
歌った。

オフコース5人組時代とは大きくアレンジの変わった「愛を止めないで」に対し
「さよなら」ではやっさんのギターの合いの手やソロが、
「生まれ来る~」では松尾のハーモニカソロが
ほぼ5人組時代のまま奏でられた。

ソロになってからの小田はオフコース時代の名残を極力排そうとしてきたように
僕には見えたのだが、今回の番組ではそんなこだわりも薄らいだような気がした。
良いものは変える必要がないし、「さよなら」「生まれ来る」に関しては
5人組時代のアレンジが完璧なので手の入れようが無い気もする。
(ドリカムの「未来予想図II」について中村が語ったところと一緒)。

28年前の小田は「世界を変えようとする漠然とした意思」と「確固たる影響力」を
持っていた。

今の小田の「影響力」は人気絶頂時のオフコース時代より大きい。
その小田が「何を残せるか」を考え始めているような気がした


「オフコース 僕のBest21」 icon
 有名な曲は極力外して。コアなファンになら絶対納得してもらえるはず!

名曲喫茶「ももひで」
では僕の好きな音楽を紹介してます。お立ち寄りください!ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
新着から来ました。
私も見ました。自転車乗りながら
精力的に歌う小田和正。年齢的にも
スゴイと感心してました。
よろしければ遊びにお越しください。下らないモノを紹介している
だけのブログですが。
2008/12/30(火) 23:32 | URL | MrCoffee #-[ 編集]
MrCoffeeさんのブログは軽くて見やすいですね。
ウチも見習わないと・・・
小田さんは還暦過ぎても元気でやんちゃでした(笑)



2008/12/31(水) 00:26 | URL | ももひで #bIE7F7Uw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/51-23fa0294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。