FC2ブログ
東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
ペイトリオッツ|0|3|0|10|13
ラムズ     |0|0|3| 0| 3


■ブレイディインタビュー (動画から書き起こし)
ラムズは今夜全プレーをタフにしていた。(ラムズの守備コーディネーターの)フィリップスコーチや守備陣に称賛を送るよ。守備が素晴らしかった。幸運なことに僕たちの守備も全シーズンの中で最高だった。とてつもない勝利だった。チームとしてまとまった試合だった。僕たちは全員で勝負する必要があった。守備が良く最終的にはタッチダウンが奪えた。相手を止めインターセプトしステファン・ギルモアが取った。そして攻め込むことができてステファン・ゴストコウスキーがフィールドゴールを成功させることができた。素晴らしい終わらせ方だった

----
■【第53回スーパーボウル】古豪ペイトリオッツと若さあふれるラムズが対決、結果やいかに!
2019年02月04日(月) 12:18 https://nfljapan.com
現地3日(日)、ジョージア州アトランタにあるメルセデス・ベンツ・スタジアムにて第53回スーパーボウルが開催され、AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)覇者のニューイングランド・ペイトリオッツと、NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)王者のロサンゼルス・ラムズが対戦した。

3年連続9度目の出場となるペイトリオッツの攻撃で始まった試合はクオーターバック(QB)トム・ブレイディが放ったパスをラムズのラインバッカー(LB)コリー・リトルトンがインターセプトしてターンオーバーに持ち込んだが、ラムズ攻撃陣は得点につなげられず。ペイトリオッツはさらにフィールドゴール失敗のミスがあり、第1クオーターは両チームとも無得点に終わったものの、第2クオーターに入ってペイトリオッツがフィールドゴールで先制点を挙げた。ただ、前半の得点はペイトリオッツのフィールドゴールにとどまり、攻撃がうまく噛み合わないラムズは無得点のまま後半に突入している。

ハーフタイムを挟んでなお、どちらの攻撃陣も攻め手に欠いた状態が続く。それぞれのディフェンス陣が好パフォーマンスを見せているため、得点圏に進めないドライブも多いが、第3クオーター終盤にラムズのキッカー(K)グレッグ・ズアーレインが53ヤードのフィールドゴールを成功させて同点に追いついた。

しかしながら、最終クオーターを迎えて古豪ペイトリオッツが猛攻に入る。QBブレイディがタイトエンド(TE)ロブ・グロンコウスキーやワイドレシーバー(WR)ジュリアン・エデルマン、ランニングバック(RB)レックス・バークヘッドらにパスをつないで敵陣に進入。グロンコウスキーが29ヤードパスを見事にキャッチしてレッドゾーンに突入した直後、RBソニー・ミシェルが最後の1ヤードを押し込んでタッチダウンを決めた。

ようやくリズムをつかみ始めたペイトリオッツ攻撃陣はターンオーバーにつなげた守備陣の奮闘に応え、敵陣24ヤード地点に進んだ後、確実にフィールドゴールで追加点を得た。残り1分強となった試合はラムズの攻撃に移るも、10点差をひっくり返すには時間があまり残されていない。なんとかペイトリオッツ陣地に進んでフィールドゴールを狙ったが、成功できずに万事休す。結局、ペイトリオッツが13対3で勝利を手に入れている。

第51回スーパーボウル以来、2年ぶりにヴィンス・ロンバルディー・トロフィーを掲げたペイトリオッツ。QBブレイディにとっては通算6回目のスーパーボウル制覇だ。

ペイトリオッツQBブレイディはパス35回を投げて21回成功、262ヤード、1タッチダウン、インターセプトは1回だった。

ラムズのQBジャレッド・ゴフはパス38回中19回を通して229ヤード、タッチダウンはなく、インターセプトはブレイディと同じく1回をマークしている。【C】

---
■第53回スーパーボウルのMVPはペイトリオッツWRエデルマン
2019年02月04日(月) 14:39 https://nfljapan.com
史上、最もスコアの低いゲームとなった第53回スーパーボウルにおいて、MVPに選出されるべき明白な理由を持つ選手は攻撃陣、守備陣、スペシャルチーム陣のどこにもいなかった。むしろ、それこそがニューイングランド・ペイトリオッツの強さの本質とも言えそうだ。

現地3日(日)夕刻、それでも誰かが指名されなくてはならない状況で、ペイトリオッツのワイドレシーバー(WR)ジュリアン・エデルマンがスーパーボウルのMVPに選出された。

この試合で最多となる10回のキャッチで141ヤードを記録したエデルマンは、常に良い位置とタイミングでパスを受け取り、キャッチした全パス中8回はファーストダウン奪取に関わるものだった。

エデルマンがキャッチした10回中、8回は試合前半に記録されていたが、その際のペイトリオッツの得点は3点と伸びていなかった。一方、エデルマンが最後にキャッチしたパスは、第4クオーターでペイトリオッツが決勝タッチダウンを奪うドライブを成功させた際の第2プレーに記録されていた。

栄えある賞を受賞したエデルマン。ペイトリオッツの選手としてクォーターバック(QB)トム・ブレイディ以外にこの賞を獲得したのは第39回スーパーボウルのディオン・ブランチ以来、史上2人目の出来事でもあった。

ペイトリオッツのロースターにいる多くの選手にとって、この大舞台はもはやこなれたものであり、エデルマンにとってもそれは同じだ。エデルマンにとって今回のスーパーボウルは4度目であり、大きな役割を果たすのは3度目のこと。シアトル・シーホークスと対戦した試合では決勝のタッチダウンを決め、アトランタ・ファルコンズに勝利した第51回スーパーボウルでは手からこぼれたボールを空中に浮きながらも再度キャッチする神業(かみわざ)とも言えるプレーを披露し、歴史に残る大逆転劇のハイライトシーンを演出していた。

しかしながら、先シーズンのエデルマンはACL(膝前十字靭帯/ぜんじゅうじじんたい)を断裂するケガを負い、黒星を喫したフィラデルフィア・イーグルスとのスーパーボウルではサイドラインから観戦する他に術がなかった。

2018年シーズンも故障とは関係のない事由(リーグ規定に違反するPED/運動能力強化薬物使用に伴う出場停止処分)で開幕4戦を欠場したエデルマンだったが、チームに復帰して以降はブレイディのトップターゲットとなり、12試合で74キャッチ、850レシーブヤード、タッチダウン6回を記録している。

そして、プレーオフが開始してもエデルマンの活躍は続き、2019年のポストシーズンではペイトリオッツが白星を収めた3試合を通じてキャッチ26回、388ヤードをマークしていた。

ラムズ戦では積極果敢なルートランや決定力のあるコンバージョンが今回のMVP受賞に大きく寄与したはずだが、これはポストシーズンのみの活躍ではなく、さらに言えば、エデルマンのキャリア全体を通した成功に対して与えられた賞であるとも言えそうだ。

ポストシーズンのキャリアを通じ、エデルマンはラムズ戦で自身7度目となる100ヤード超えを成し遂げた。エデルマンは今や、ダラス・カウボーイズの伝説的選手であるマイケル・アービンと並んでポストシーズン中の100ヤード超えを史上2番目に多く記録している。史上1位はジェリー・ライスによる唯一無二の8度だ。

同カテゴリー内で比較されているアービンやライスがすでに殿堂入りを果たしていることからも、エデルマンが殿堂入りするに値する選手であることが分かるだろう。


メルセデス・ベンツ・スタジアムの天井から紙吹雪が舞い落ちる中、エデルマンはNFLでスポーツキャスターを務めるジム・ナンツに対し、「勝ったかどうかだけが問題なんだ。クレイジーな年だった。元気ある仲間がたくさん駆けつけてくれたみたいだね。本当に嘘みたいな話だよ。なんだかホームゲームみたいだった。ここにいるみんなのことが大好きだ。最高だった」とコメントしていた。【S】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1495-e14cb7df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック