FC2ブログ
東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
■明暗分けたスーパーボウルのスペシャルプレー 笑ったのはイーグルス
[ 2018年2月5日 17:36 ] スポニチWEB

 第52回スーパーボウルではペイトリオッツとイーグルスが試みた同じような「スペシャルプレー」の成否が勝敗に直結。ペイトリオッツは失敗し、イーグルスは成功させて試合の流れを変えた。

最初に意表をついたのはペイトリオッツ。第2Qの3分すぎ、敵陣35ヤード地点で迎えた「第4ダウン、残り5ヤード」でギャンブルに出た。FGを狙わずにプレーを続行。ここでQBトム・ブレイディー(40歳)はRBジェームズ・ホワイト(26歳)にハンドオフ。そのホワイトはすぐにロールアウトしてきたWRダニー・アメンドーラ(32歳)にボールを渡し、そのアメンドーラが前方を走るブレイディーにパスを投げた。ブレイディーがレシーブに成功したのはデビュー以来、18シーズンで過去2回のみ。その経験不足?が影響して、惜しくもボールはキャッチできなかった。

 直後のドライブでイーグルスは昨季までペイトリオッツに在籍していたRBルギャレット・ブラント(31歳)が21ヤードのTDランにつなげており、ペイトリオッツの作戦は完全に裏目になった。

 一方、イーグルスは第2Qの残り34秒、敵陣ゴールラインまであと1ヤードと迫ったところで“スペシャル返し”を敢行。QBニック・フォールズ(29歳)がオーディブル(作戦変更)の指示をオフェンス・ラインに伝えようとしている間にダイレクトスナップからRBコーリー・クレメント(23歳)が動き出し、すぐに左のタイトエンド(TE)に入っていたトレイ・バートン(26歳)にヒッチ。そのバートンがエンドゾーン右隅に何食わぬ顔で入り込んでいたフォールズにパスを通して22―12と引き離した。

 高校時代にQBだったバートンのパスはどんぴしゃ。「ゴーサインを出した監督の意気込みを感じたよ。みんなはニック(フォールズ)の運動能力をわかっていない。たとえカバーされていても彼はなんとかして捕ってくれたと思う」と“フィリー・スペシャル”の出来栄えに納得の表情を浮かべていた。

 スーパーボウル史上、「レシーブでTDを記録した最初のQB」となったフォールズも「ダグ(ピダーソン監督)と意見は一致していた。1カ月間、ずっと練習していたからね。完ぺきに遂行できたよ」としてやったりの表情。裏の裏?をかいた作戦が、試合の流れを変える結果となった。

 2季目を迎えていたダグ・ピダーソン監督(50歳)は就任時、「他に人材はいないのか?」「イーグルスには不向きだ」と地元のファンに嫌われていた。昨季7勝9敗に終わったときには「あまりにも無茶をしすぎる」とメディアにも批判された。

 しかしレギュラーシーズンを13勝3敗で乗り切った今季はその強気の策が“吉”と出た。スーパーボウルでは第4Qに33―32と逆転されたが、その後のドライブでは自陣45ヤード地点での「第4ダウン、残り1ヤード」をパントではなくTEザック・アーツ(27歳)へのパス成功でピンチを脱出。最後はそのアーツにフォールズが11ヤードのTDパスを通して、再び試合をひっくり返した。

 「最後まで選手にはアグレッシブでいてほしかった」と指揮官は笑顔。シーズン途中でドルフィンズから移籍してきたRBジェイ・アジャイ(24歳)は「このチームは絶対にあきらめない。最初から最後まで積極的だった」と語っており、イーグルスは「スーパーボウル史上、最も果敢に攻めたチームのひとつ」として歴史に名を刻むことになるだろう。


---
■【第52回スーパーボウル】ジャスティン・ティンバーレイクの豪華パフォーマンス!
2018年02月05日(月) 10:42 NFLジャパンWEB
現地4日(日)、フィラデルフィア・イーグルスとニューイングランド・ペイトリオッツが対戦する第52回スーパーボウルのハーフタイムショーで歌手ジャスティン・ティンバーレイクがパフォーマンスを披露した。

スタジアム裏に設置された舞台で“Filthy”を歌い始めたティンバーレイクはスタジアムに入ると圧巻のダンスパフォーマンスで盛り上げ、メインステージに移動。歌われた曲は“Senorita”や“Sexy back”などだ。

マーチングバンドを引き連れて“Suit & Tie”を歌いつつフィールドを移動した後、ピアノが用意された中央の舞台に登壇したティンバーレイクは、ミネソタ出身の歌手プリンスに敬意を表して、プリンスの映像と共に名曲“I Would Die 4 U”を可憐に歌い上げた

最後は2016年に発売した“CAN’T STOP THE FEELING!”をダンスとともに披露してハーフタイムショーは幕を閉じている。

---
■第52回スーパーボウルで誕生した新たな記録
2018年02月06日(火) 14:09 NFLジャパンWEB
第52回スーパーボウルは過去最高のゲームの1つとして皆人々の記憶に留まることだろう。

実際のところ、統計的に見ても本当に最高の試合だったと言えそうだ。

現地4日(日)に開催された第52回スーパーボウルでフィラデルフィア・イーグルスとニューイングランド・ペイトリオッツの両チームが獲得したトータルヤードは合わせて1,151ヤードだった。これは1950年にロサンゼルス・ラムズとニューヨーク・ヤンクスが記録した合計1,133ヤードの記録を塗り替え、スーパーボウル史上1位の記録となっている。また、今年のスーパーボウルでは前半にチームのディープスレットであるワイドレシーバー(WR)ブランディン・クックスが離脱するというアクシデントが発生したにもかかわらず、ペイトリオッツのクオーターバック(QB)トム・ブレイディは昨年のスーパーボウルで打ち立てた自身の記録を更新する505ヤードを投じ、さらにはポストシーズンのパスヤードが10,000ヤードを越した史上初のQBともなった。これに加え、ペイトリオッツはスーパーボウル史上最高の33点を記録して黒星を喫したチームにもなっている。

一方で、スーパーボウルMVPに輝いたニック・フォールズは373パスヤードを記録してパスヤードの歴代5位にランクインした。この数字はアリゾナ・カーディナルスのカート・ワーナーが第43回スーパーボウルでマークしたパスヤードまで4ヤード足らずの記録だ。

試合序盤から撃ち合いとなったおかげで、第52回スーパーボウルは史上最高得点を記録した試合にあと1点のところまで迫った。最終結果が41対33となったこの試合で数度のミスキックがあったことも考慮すると、第52回スーパーボウルがこのカテゴリーにおける新記録を打ち立てていた可能性も十分にあった。

さらに驚くべき事実だが、この試合で両チームが行ったパント数は合わせて1度のみである。

オーバータイムもなく、世紀の大逆転劇だったわけでもないが、これらの数字を見れば、歴史的な一戦だったと実感できるのではないだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1493-f753d8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック