東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20世紀にアメリカやイギリスは(相続税の最高税率が)70%~80%という
高水準に達したこともある。フランスやドイツはそれよりも低く、当時も
30%~40%だった。

何故アメリカとイギリスは累進性を強めたのだろうか。
それは、フランスとドイツではすでに戦争(二次大戦)による資産の破壊によって
再分配が事実上行なわれていたからだろう。ある意味最高税率を高める必要が
それほどなかったわけだ。

税制だけが富の再分配の唯一の方法ではない、ということだ。
資産の破壊やきわめて高いインフレーションは公的債務を削減する方法でも
ありうる
。フランスやドイツでは資産の再分配が戦争による大規模な資産破壊に
よって実現した。これが英米ほど累進課税を強めなかった理由だ。

「トマ・ピケティ パリ白熱教室 第6回」 NHK教育 2015.2.13放送
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1438-79c5ad32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。