東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「(安倍政権下の日本は)自国中心的な見方に陥っていると思います。
 『美しい国』『日本の誇りを守る』といった言葉に象徴される国家中心の
 思考は、あまりに現在の世界のあり方を知らない」

現実主義というのは
 『文化や社会、思想による世界の変化』を
 認めない
考えなのです」

「時代遅れなのは憲法9条ではなくて現実主義者のほうでしょう。
 過去70年近く世界戦争は起きていないし、武力では国際問題は
 解決しないという考えに世界の大半が賛成している。
 集団的自衛権を行使する代わりに米国に守ってもらおうという
 もくろみも、まったく第2次世界大戦以前の考え方です。
 戦後日本が平和だったのは日米安保のおかげか、9条のおかげか、
 という問いに簡単に答えは出ませんが、少なくとも日本自身が近隣に
 脅威を与えることはなかった。これは経済成長に必須の条件だった
 わけで、日本こそグローバル化の動きに沿っていた。
 いまや米国もオバマ大統領の下で軍備を縮小しようとしており、
 日本は世界の最先端を歩んできたのです」

入江昭(ハーバード大名誉教授。元アメリカ歴史学会会長)
※2014.6.19朝日新聞朝刊
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1392-5bd3cc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。