東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「STAP細胞問題では、論文の共著者たちの姿勢も疑問です。
 通常なら、論文の共著者は、他の筆者が書いた部分も細かく読んで
 添削します。 STAP論文では、不適切な画像だけでなく、スペルミス
 など、読めばすぐわかる間違いが放置されている。共著者が読んだか
 どうかすら怪しい。研究者としてあるべき姿ではありません」

「小保方さんは、研究データを研究所のパソコンではなく私物のパソコンで
 管理し、 実験ノートも数冊しか残していなかったようですが、
 とんでもない話です。理研の管理責任が厳しく問われなくてはいけません」

「理研は、共著者の1人を実施責任者としてSTAP細胞再現の検証作業を行うと
 言っていますが、これも非常識です。不正が認められたなら、元の論文は
 存在しないと同じ。『再現』というべきではないし、理研の当事者たちは
 この研究から手を引くべきです」

ロバート・ゲラー(東京大学教授。地震学)
※2014.4.15朝日新聞朝刊
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1380-b8ed05d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。