東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---
関係各位 2014年2月5日
作曲家 佐村河内守氏につきまして
本日、当社は作曲家  佐村河内守氏の代理人弁護士より、
佐村河内守氏は10数年前より自身の作曲活動について、
記譜行為などの一部の作曲行為を
特定の第三者の手により行ってきたとの連絡を受けました。

当社といたしましては、
この内容に驚愕しており、大きな憤りを感じております。

当社より発売いたしました佐村河内守氏作曲の作品については、
当然に本人からは「自身が作曲した作品である」との説明を受けており、
更に、佐村河内守氏は自身が作曲者である旨を
著作権管理団体に対して登録していることを確認の上で、
販売を行って参りました。

しかしながら、当社より発売したCD等の商品につきましては、
結果として、作曲者については不適切な表示であり、
また、創作活動の背景などについても誤った表現をしたまま
販売活動を行ってきたこととなります。

この点につきましては、商品の発売元として責任を痛感しており、
深くお詫び申し上げます。

今後は、当社としても今回の事態に関する事実関係を精査した上で、
再発防止策を検討して参ります。

以上
※日本コロムビア公式サイトhttp://columbia.jp/artist-info/samuragochi/

---
「全聾の作曲家」佐村河内守氏、別人が作曲 2014年2月5日12時18分

 「全聾(ろう)の作曲家」「現代のベートーベン」として知られる佐村河内守(さむらごうちまもる)さん(50)が、十数年前から別人の男性に頼んで作ってもらった曲を自分単独で作ったと発表してきたことがわかった。代理人の弁護士が5日、明らかにした。レコード会社は、CDの出荷停止を決めた。

CD出荷停止、公演も中止

 佐村河内さんは、著書や取材では、広島生まれの被爆2世で、35歳で聴力を失って以来、絶対音感を頼りに作曲活動をしてきた、と説明していた。

 だが、代理人によると、十数年前から、佐村河内さんが提案したイメージを基に、別人の男性が旋律や和声を含め作曲していたが、自身の単独作品として発表していた。代理人は「具体的な楽曲の作成を行っていた人物の側にも、作曲者として表に出づらい事情があると聞いていた」などと説明し、「ファンの方々を裏切り、関係者の方々を失望させるものであることについては、言い訳のできないことであると深く反省している次第です」とのコメントを出した。
※2014.2.5朝日新聞デジタル
---

ルーベンスもエルグレコもレンブラントも工房システムをとっていた。
日本の浮世絵師や仏師も同様。
現代のポップ音楽におけるプロデューサー、漫画におけるプロダクション制。
いったい何が悪いのか?

「全聾の作曲家だから感動したのにだまされた!」という安易で愚かな大衆と
さんざん持ち上げたあとに掌を返す無責任なメディア。
彼らは作品の出来じゃなく、作り手の人間性に対するワイドショー的な
興味しかないのだろう。

無批判にムードに流されるだけのクレーマー体質。
まさに現在の日本人の下衆な本性があらわになった事件。
こんな日本人が増えたから、
中身が空っぽの煽り上手(なんとか48やらなんとかのミクス)だけがのさばる
世の中になったのだとつくづく思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1367-ea321aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。