東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「尖閣諸島上陸は中国政府の主導ではなく、黙認した程度だ。
 対決モードに入らないことが、経済関係の深い両国共通の利益だ。
 日本が実効支配する側であり、静かに推移することが国益だ。
 一方で大事なことは、中国が尖閣に手を出して来た時に対応できるだけの
 防衛力を備えておくことだ
。日本の防衛力はかなりのものだ。
 工夫を加えれば『手を出すとまずい』と感じさせられると思う。
 米国との同盟も大きい支えだ」

五百旗頭真(元防衛大校長)

---

話し合いを拒否したまま強硬路線をとれば、いずれは尖閣に中国軍が出てくる。
 行き着く先は日中間の武力衝突だ。日本人の血が流れる事態がありえる。
 漫然と現状が維持できると期待して、戦争を招くことほど愚かなことはない。
 集団的自衛権の行使を含めた防衛力の整備を進める一方で、戦争を避けるための
 外交を尽くすことだ。日本が主導することが肝心で、守勢に回ってはいけない」

東郷和彦(元外務省条約局長)

---

2012.8.19朝日新聞朝刊
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1301-36e53181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。