東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
種目別決勝1日目。現地8/5

■男子ゆか
抽選で内村が最初に演技することに。サブ会場でウォ-ミングアップ
が出来ないのが分かったこの時点で、G難度の「リ・ジョンソン
(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)」はやらないと決めたらしい。
もし演技順がもっと後ろだったら『やっていましたね』と本人談
(朝日新聞8/6朝刊)。内村は4回のシリーズ中着地で3回、わずかに
動きD6.7の15.800。金メダルには厳しい得点。

スーガイはラストの新月面以外、ほぼ着地を止めD6.9の15.933。
内村より難度は高く、実施は落ちるという評価。

アブリャジンは技を目一杯入れてD7.1、内村と同点の15.800。
同点の場合、E得点の高い方を優先するルールで
金:スーガイ(中国) 銀:内村 銅:アブリャジン(ロシア)
銀メダルを手にした内村、満足げで嬉しそうでした(´Д`)

他にもコリバノフF難度(後ろとび2回ひねり後方屈身宙返り)、
タマヨF難度(後ろとびひねり前方伸身2回宙返り)
伸身新月面F難度など、種目別ならではの高難度の技がいろいろ
見れて楽しかった。

■女子跳馬
6番目パシェカ1本目アマナール、着地大きく動き足がライン外に出るが
「女子は着地した瞬間でライン減点を判定するため減点なし」
(体操協会ブログ)
で15.400。
2本目伸身ポドコパエワ(ロンダート1/2ひねり着手前方伸身宙返り
1/2回ひねり。D5.8)で14.700

女子団体でアマナール(伸身ユルチェンコ2回半ひねり。D:6.5)を
完璧に決め16.233という内村級の高得点を出したマロニーがダントツの
金メダル候補。そのマロニーは7番目の演技。
1本目アマナールは着地が左にずれライン減点-0.3の15.866。
2本目「伸身ポドコパエワひねり(ロンダート1/2ひねり着手
前方伸身宙返り1回ひねり。D6.1)」でまさかの尻餅w14.300。

8番目イズバサ。1本目伸身ポドコパエワひねりD6.1で15.383。
2本目伸身ユルチェンコ2回ひねりD5.8、着地大きく飛ぶが15.000。

金:イズバサ(15.191) 銀:マロニー(15.083) 銅:パシェカ(15.050)
マロニーまさかの取りこぼしで号泣はお約束w
ドミニカのペナが1本目、ローチェを盛大に失敗したのはご愛嬌(´Д`)

■男子あん馬
ハンガリーのベルキがD6.9、16.066圧巻の演技。
王者の演技とはまさにこれ。
英国スミスもD7.0で16.066。ミスの無い見栄えのする演技だったが
美しさではベルキに及ばない。
英国ホイットロックD6.6の15.600。
男子団体でも言われてたように英国選手2人のE得点が明らかに
高めに出てる気がした(´・ω・`)

金:ベルキ(16.066) 銀:スミス(16.066) 銅:ホイットロック(15.600)
※同点の場合、E得点の高い方を優先
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1292-517256d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。