東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「大阪府市エネルギー戦略会議の座長として、関西電力とは顔を合わせて
 議論してきました。関電幹部は大飯原発を再稼動させたい理由について、
 『夏場に電気が足りないから』とは決して言いません。『安全だから』動かす
 という風に言うんです。

 『足りないから』だと、暑い時期だけ一部の原発を動かせば済む話になる。
 そうじゃないんです。関電はすべての原発を動かしたい。その背後には
 経営の問題が透けて見えます。

 この夏を原発なしで乗り切れたら、原発不要論が強まるでしょう。
 『原子力を基幹電力として維持し、電力会社の経営を助けたい』。
 経済界から出ているそんな声に今、政府が懸命に応えようとしている
 ようにしか見えません。ほかの原発も、こんな強引なやり方で次々に
 再稼動するのではと心配しています。

 でも目先の利益のために安全を削るこうした構図こそ、あの原発事故の
 背景にあったのではないでしょうか。

 大飯原発は、もしも福島のような事故が起きた場合に必要になる免震棟も
 まだない。いわば見切り発車で再稼動しようというわけです。
 『もしも事故が起きたらどうするんですか』と尋ねたら
 『事故が起こらないようにします』と返ってきたときには正直驚きました。
 すでに福島で、現実に、事故が起きているですよ」

植田和弘(京都大教授)
※2012.6.2朝日新聞朝刊
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1281-ce8c9f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。