東スポを超える日本一のタブロイドを目指す!(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
録画しておいた10/12(水)の男子団体決勝を観た。

中国は平行棒でテン・ハイビンがディアミドフ
(後方車輪片腕支持1回ひねり倒立。D難度)を失敗し、まさかの棒上落下。
「棒上落下」とは技に失敗して体勢を崩して「棒の上」に落ちてしまうこと。
床に落下してなくても床に落下したのと同様、-1.0点の大減点となる。
それでも得点は14.166。

日本はあん馬で小林研也がウゴニアン(ウ・グォニアン。720度転向移動。E難度)
を失敗し落下。得点は14.066。

ともに-1.0点の大減点を食らいながら14点台を出してるのが凄い。

5種目終えた時点で1位中国と2位日本の差はわずか0.6点強。
最終種目は日本が鉄棒、中国はゆか。
鉄棒は落下の危険があるものの、16点台を狙える。
ゆかは15点台半ばが目一杯だが、落下の危険なし。
日本は十分に金メダルを狙える位置にいた。

しかし田中弟、内村がともにコバチ(D難度)で落下。
最終的にトータルで中国に2.1点差をつけられ完敗・・・
G難度を平気でこなすこの時代、コバチは簡単ではないけれど
そうそう落下するほど難しい技でもない。
それが2人続けて落下とは・・・まぁ「団体金」はそんなに簡単ではない、
ということですかね。
田中弟は初の代表でよく頑張ったと思う。
「銀メダルでも嬉しい」というのは本音だと思うし、
今大会の経験を生かしてステップアップしてほしい。

いや、そういう普通な感想を書きたいんじゃなくて(笑)

この男子団体決勝の最大の見所は
内村の跳馬の「シューフェルト」
ですよ!

シューフェルト
(ロンダートから後転とび後方伸身宙返り=伸身ユルチェンコの2回半ひねり)
価値点は6.6点と、このご時世さほど難度の高い技ではない。
しかしわれらが内村は実施点で脅威の9.6点をたたき出し16.200点ですよ!
今大会は実施点の採点が異様に厳しい(落下してなくても7点台が出たり、
上々の出来と思っても8点台半ばだったり。体感でいつもより-0.5点くらい厳しい)
そんな状況での9.6点、ということは実質10.1点ですよw 10点満点だけどwww
解説の米田さんいわく「完璧」。
このシューフェルト見れた人は大ラッキーだね!!!
内村は足の負担を軽減するために「ヨー2」(価値点7.0)から変更したそうで。
(跳馬は日本の4種目め)

実は2010年末の全日本選手権で内村は新技を披露していて
今大会で成功すれば「ウチムラ」という技名がつく可能性があった。
関連記事:新技の「伸身ユルチェンコ3回ひねり」
結局今大会ではやらなかったんだけど、その新技は、
今回完璧に決めた「シューフェルト」のさらに半ひねり多い技なのだ。
内村がいかにシューフェルトに自信を持っているかうかがい知れるわけで。
シューフェルトの半ひねり増しだと価値点はおそらく0.4点プラスの7.0点。
これは「ロペス」や「ヨー2」、「ドラギュレスク」など現在中心になっている技と
同じ点数なんだけど、これらの7.0点技は「一歩動いて16点台前半」という
得点プラン。

ところがウチムラ7.0点の場合、着地を決める前提で得点プランを組める。
価値点7.0に実施点9.5ならば16.5点。これか確実に約束されるのだ!
※実施者が内村の場合に限る
跳馬の16.5点は種目別でメダル確実、場合によっては金メダルという水準。

今大会、ヤンハクセン(韓国)が披露した新技
「ヤクハンセン(前転とび前方伸身宙返り3回ひねり)」。
「ヨー2」(価値点7.0)の半ひねり多い技で価値点7.4。
種目別では実施点9.466を叩き出して16.866点。
すでにアジアの跳馬は「16点台後半が当たり前」
の世界に突入しつつあるのです。

ちなみにこの男子団体決勝跳馬、山室はロペス(価値点7.0)を
着地後ろ1歩で決めて16.400点。これも高さ、距離、空中姿勢文句なしで
すばらしかった! (団体決勝跳馬で2位/24人中)

■体操ひとことメモ
※着地は足からでないと認定されないため、背中からの着地となれば
 跳馬では跳躍が認められないこととなり、0点の決定点となる。
 (体操協会ブログ) 
 
フィリップ・ボイ、ハンビュッヘンという若き2枚看板擁するドイツは6位。
こんなもんじゃぁないはず。
ドネル・リーバ、ホートンという2枚エースにオロズコの健闘も光った米国は3位。
復活の兆しあり。
ズーカイ、チェンイーピンら世界王者ぞろいの中国と
来年のロンドン五輪も超面白いことになりそうですよ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://momohide.blog121.fc2.com/tb.php/1192-6569cae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。